泰山郷バービー人形産業文化館(台湾新北市)

台湾にある「泰山郷バービー人形産業文化館(泰山郷娃娃産業文化館)」に行ってきました 館内は写真撮影禁止なので、展示などの詳細は台北ナビの解説をごらんいただければ幸いです

画像


何で台湾でバービー 実は、台北市近くのここ泰山に「マテル(美寧)会社」の工場があったからなんですね~


バービーの発売開始が1959年、初期のバービーが日本で製造されていたことは知っていたんですが、1967年(リカちゃん誕生の年だ~)に日本から撤退、同年、より人件費の安い台湾に工場を移転したとか。泰山の多くの人がマテルの工場で働き、地域は繁栄、泰山はいわば「バービーの町」だったわけですね。しかし、1987年に工場は閉鎖、さらに人件費の安い中国などに移転したそうです


バービーの展示がメインですが、人形博物館なので、お人形の流行コーナーで、ジェニーやブライスなんかも展示してあって「おお~~~」と思いました。


ボランティアガイドの方と入り口で記念撮影
画像



台湾の少数民族の民族衣装を着たバービーとか、いろんなデザインのチャイナ服とか、デザイナーズブランドのドレスとか、半端ない数の様々な衣装のバービーが展示してあってテンション上がりまくり 地元の学生さんが作ったお洋服とか、ボランティアガイドの皆さんが作ったお洋服とかも展示してありました。カーテンとか包み紙とか、色々な廃品を利用して作ったドレスも素敵でした~